フランチャイズ…franchiseshow…

  • フランチャイザーとは

 

フランチャイザーとは

 フランチャイズ契約で自分だけのビジネスを始めたい、お店を持ちたいと考えている方にとって、契約相手となる事業者のことを深く知ることは、非常に大切です。フランチャイズ契約のことを知っていくと、必ずある用語が出てきます。その1つが「フランチャイザー」という言葉です。フランチャイザーとはフランチャイズビジネスにおける特権を与える者を指す言葉であり、具体的にはフランチャイズビジネスを運営する企業や事業者、或いはその本部や本部企業などを指します。逆に、フランチャイザーである事業者と契約する側のことを「フランチャイジー」と呼びます。

 フランチャイザーが持っている特権の内容とは、どのようなものでしょうか。主に、フランチャイザーがフランチャイズビジネスを運営・展開するために開発した商品や販売の仕組み、店舗運営ノウハウなど、開業する人にとっての「経営ノウハウ」そのものを与えられることが特権です。さらに、フランチャイザーの商標やサービスマーク、チェーンの名前を仕様する場合の権利なども特権の範囲となります。その他、フランチャイザーはフランチャイズ契約した加盟店に対して継続的に指導やサポートを行う必要があり、加盟店側はそれらを受ける権利を持っています。こうした、フランチャイザーが持っている様々な特権のことを「フランチャイズバッケージ」と呼ぶことがしばしばあります。自分で起業したくとも、これまで全くビジネス経験が無い方にしてみれば、フランチャイズパッケージそのものを入手出来ることは大きなメリットがあります。

 但し、フランチャイズパッケージは自由に提供されるものではありません。もちろん、フランチャイザーとの間にあるルールの下で提供され、利用出来るようになります。そのルールが「ロイヤリティ」にあたります。ロイヤルティは、印税や使用料、特許権使用料のこと指す言葉です。フランチャイズビジネスの世界では、フランチャイザーからフランチャイズパッケージを受け取る代わりに、その対価としてロイヤリティを定期的に支払う必要があります。








LINK

他人に迷惑をかけずに暮らしていく上でやっておかないといけないことは様々と存在します。その一つに保険や医療保険を選ぶということがあります。結構苦労することです。保険比較を誰かにしてもらいましょう。保険の対応をすることを単純すぎるような考え方をしないことです。生命保険のプロに頼んでみるのもポイントです。そこに相続対策があります。
節税と納税
節税と納税について|相続税ネットから
http://www.sozokuzei.net/