フランチャイズ…franchiseshow…

  • フランチャイズの問題点

 

フランチャイズの問題点

 フランチャイズでの店舗運営では、しばしば問題視される事案やケースが発生します。最も記憶に新しいのは、大手コンビニエンスストアにてお弁当の値引きを、加盟店に対して行ってはいけないという事案が発生したことです。これは、事業者側の一方的な販売契約に基づくものと判断され、今現在では、加盟店側での判断で行っても良いということになっています。もし、少し値段を下げていれば、その分が店舗収入になったのに、全く売らなかったために利益が生み出せなかった…という加盟店の実態を浮き彫りにした好例でもあります。このように、フランチャイズなりの問題点があることを、独立・開業前に理解しておくことで、経営リスクを小さくすることが出来ます。

 ビジネス初心者にとって問題となりやすいのは、フランチャイズに関する契約内容とそのトラブルです。契約項目は非常に多く、その内容も非常に複雑で難しいようです。初心者の方が、詳細まで理解することは容易ではありません。その上で、フランチャイズ契約を結んでしまった場合、フランチャイズ開始後にトラブルが発生してしまいます。

 もし契約トラブルが発生すると、加盟店側が不利となるケースが多々あります。これは、事業者同士の契約でる上に、契約に基づいた責任を問うことになるためです。特に、金銭面に関するトラブルにおいて、例えばトラブル発生後にフランチャイズ契約を解消する際に違約金が発生するかどうか、競業との新たなフランチャイズ契約が結べるかどうか、賠償金の有無など頭を悩ます問題点が噴出します。そのようなケースに陥った場合は、速やかに弁護士に相談するようにしましょう。弁護士によっては、フランチャイズ契約や問題点に詳しい人をアサインしてもらったり、紹介してもらうことが出来ますので、決して1人で抱え込まないことが大切です。また、インターネットや書籍などでもフランチャイズ契約に関する問題点と対処方法が多数掲載されていますので、起業する前に目を通すようにしておきましょう。








LINK

意思能力をどうするかは親族の問題も絡み苦労する問題点でもあります。遺産分割協議までスムーズに解決させるためには相続について安易に流されないことです。成年後見制度はについても考えておきましょう。
高齢者の相続対策
高齢者の相続対策について|後見制度ネットから
http://www.kouken.org/