フランチャイズ…franchiseshow…

  • フランチャイズのデメリット

 

フランチャイズのデメリット

 フランチャイズは手軽に開業出来るビジネス形態として人気であり、多種多様な業種に広がっていますので、自分が興味ある分野でお店を持ちたいと考えている方には最適です。しかし、フランチャイズは魅力的である反面、事前に知っておきたいデメリットが存在することも確かです。フランチャイズでお店を持ったけど、こんなはずでは無かった…とならないように、いくつかのデメリットについて見ておきましょう。

 まず、フランチャイズ契約を行うにあたり、加盟金やロイヤリティを事業者に支払う必要があります。事業者との間での契約内容によって、加盟金やロイヤリティ金額はマチマチですが、店舗での売上から数%を収めるとなれば、それなりの金額になります。また、確実に支払えるようにするために、経理上も別管理しておかないと、自分の収入に直接繋がる売上がどの程度か分からなくなります。

さらに、ややこしいのは支払い時期が異なる点です。加盟金は、契約締結時に支払うお金になりますので、起業する前に資金を用意しておく必要があります。また、ロイヤルティは店舗を運営している間に必ず支払うお金になりますので、定期的に事業者へ支払うことになります。尚、事業者によっては加盟金以外に、立地選定料や開店準備金、或いは開店指導料といった形で金銭徴収を行うケースもあります。そのため、ロイヤリティを支払う以上に、最初に掛かるお金がどの程度になるのかを調べておかないと、資金不足で開業そのものが行えなくなってしまいます。

 尚、加盟店が店舗経営するにあたりロイヤルティがどの程度、利益を圧迫するかを常に考えておく必要があります。フランチャイズによっても異なりますが、売上が上がらない場合には、大きな負担となってしまいます。逆に言えば、収益が赤字になってでもロイヤリティは支払わなければなりません。そういった、経営上のリスクやデメリットを見越して、フランチャイズでの開業・店舗運営を行うことが必要不可欠となります。








LINK

悩ましいのは相続問題での引退時の退職金問題です。ではその相続税納税資金についてはどんな規模の相続でも難しい問題と言われています。問題なく解決させるためには相続の経理と税務について方向性をしっかり認識することです。節税問題は生命保険の検討が有効です。国家資格専門家との相談と問題については検討しましょう。
相続税を払うには
相続税を払うにはについて|相続税延納物納ネットから
http://www.forgotten.jp

自動車保険や火災保険や自動車を比較するのは随分と面倒なことなのです。いろいろな保険などを選ぶだけで随分と大変な仕事なのです。しっかり選びます。いろいろな保険のの検討はポイントです。確り比較し検討して自動車保険を決めないと後悔します。それが保険選びで大切なことなのです。多様な保険比較は可能です。
火災保険をつきつめる|火災保険DEEP
http://www.hoken-jungle.net/